2020年7月

2020年7月31日 (金)

新しい登山スタイルが求められる中で、とても便利なアイテムが入荷しました。

FOREST WARDROBE/COOL NECK GAITER

フォレストワードローブ/クールネックゲイター ¥1,900+税

Photo_13

さらっとした触り心地に冷感のある生地、吸汗速乾に優れUVカット加工も施してあるクールネックゲイター。

暑さの厳しい低山から紫外線が強くなる高山までどこでもお使いいただけます。

名前はネックゲイターですが、呼吸しやすく登山中のエチケットマスク替わりにも良いかもしれません。

Photo_14

Photo_15

ゴムひもではなく耳にひっかけるだけなので痛くなりにくいです!

店頭在庫まだありますので、夏山登山のお供にお一つどうぞ!

 

20200729_160542 グループ登山の場合、初めて行くし続けるかもわからないし…という方をパーティに含むこともあるかと思います。

地図はベテラン、初心者問わず1人一つ持ちましょう!

20200729_160551 そして休憩の度にざっくりであっても現在地を確かめるクセをつけましょう。

体力配分や、残りの食糧の逆算など、その場その場でのちょっとしたことに気付くようになれば、山行も快適になります。

なにより、パーティから最悪はぐれてしまった際に自分が地図を持っていなければ…ゾッとしますよね。

登山では自分の身を守るのは基本的に自分です。最低限必要な装備は何か、今一度確認する機会を設けてみるのも良いかもしれませんね。

20200729_160555

2020年7月30日 (木)

20200623_190123

20200623_190139 夏も佳境に入ってきました。梅雨が明けるのももう間近でしょう。

ノースのTシャツはまとめ買いも結構あるので、お求めの方はお早めに。

なお、ノースフェイスの製品はクリアランス対象外です。予めご了承くださいませ。

20200623_190223 マムート、アイスブレーカー等のTシャツもまだありますよ〜。

https://www.kojitusanso.com/shop/c/c116/?utm_medium=staff&utm_campaign=1727

20200623_190159 じわじわと幅広い世代に注目され始めているのがこちら。FOXFIRE。

他のブランドもかなりTシャツ売れていますので、在庫僅少の品番もあります。

最終クリアランスですのでどうぞお早目に。

2020年7月28日 (火)

夏山登山に向けて靴やザック、ウエア等新調されている方もいらっしゃると思いますが

ストックのご準備はされていますか?

ストックを使うことによって、歩行バランスの安定や膝の負担軽減といった山登りする上で大きなメリットを得られます。

今当店で人気のストックを2種類ご紹介します。

1.LEKI MICRO VARIO CARBON ANTISHOCK/レキ マイクロバリオカーボンアンチショック

¥21,000+税

Photo

左が最長130cm、右が120cmのレディースモデル

当店で一番人気のレキ・カーボンストック。

折りたたみ式でザックの中にも収用可能。(収納袋付き)

Photo_4

カーボンシャフトで軽く、突いた時の衝撃を和らげるアンチショックも搭載。

ワンプッシュで簡単に伸縮できるのも人気の理由。

高機能で使いやすいストックをお求めの方はこちらがオススメです!

Photo_2

折りたたみ収納もボタン一つでカンタン!

2.SINANO TREKKING POLE AL125/シナノ トレッキングポール AL125

¥9,800+税

Photo_5

次はリーズナブルながら機能面も優秀なシナノのストック。

3段シャフトで中・下段シャフトは調節しやすいレバーロック式。

3

紛失しやすい先ゴムもストッパー付きで安心。

2

シャフトの素材も超軽量アルミなのでカーボンに匹敵するほど軽いです!

シンプル&リーズナブルで初めての方にもオススメのストック。

長さは125cmと115cmの2種類。カラーも各2色展開です。

4

WEBでのお求めはこちらから

https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4028173793075

https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4028173795383

https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4959431154942

https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4959431154973

2020年7月27日 (月)

20200408_154223 トレッキングパンツも年々進化が目覚ましくなってきています。

今回注目したいのがこちらのマムートのパンツ。

この夏の時期になって勢いよく売れております。特に常連さんは洗い替えも買っていくケースが今年は多い気がします。

毎度抜群の履き心地のパンツを生み出しているマムートですが、さらなる進化を遂げたのがこちら。

Trekkers 2.0 Pants ¥15,000+税

名前からもお分かり頂けるように、トレッカーズパンツの進化版です。

このパンツはですね、もうぜひパンツ選びの際には候補に入れて頂きたい、そんな一品です。

20200409_111938

20200408_154505 非常に自然な履き心地、シルエットながら、最小限のカッティングで抜群の柔軟性を発揮しております。

とにかくひざの曲げ伸ばしの自然さ、薄いのにも関わらず非常に高い防風性の確保(10月の肌寒い白山でも一枚で平気だったとスタッフ談あり)。

細かな作り込みのなせる技を随所に感じる名品です。

https://www.kojitusanso.com/shop/g/g7613357480079

https://www.kojitusanso.com/shop/g/g7613357636841

20200408_154151 ちなみに薄手タイプも入荷しました。

こちらも抜群の履き心地、そして軽快さ。

どちらもぜひお試しください。

2020年7月25日 (土)

20200501_152210 登山でもキャンプでも活躍するナンガの寝袋。やはりオーロラライトのシリーズが、ナンガ製品を買う上ではぜひ試してみたい上位だ思います。

ナンガ オーロラライト350SDXLT ¥34,000+税

https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4938101029698?utm_source=staff&utm_medium=referral&utm_campaign=1727

シュラフカバーなしでもイケる防水透湿の生地を採用し、封入されているダウンにも超撥水加工を施し、結露にも体から出る蒸気にも強いという高性能シュラフです。

20200501_152552

20200501_152608 化繊シュラフにはないふっくら感。一度寝るとやはりダウンシュラフがいいなと思い知らされますね。

20200501_152143

ちなみに化繊のタイプがこちら。対応温度域が上記のオーロラライト350と同じくらいのものです。

Trekkinng 600 ¥12,800+税

20200501_152229 かつては化繊シュラフの優位点として、水濡れに強い点ということが挙げられていましたが、今や素材のアップグレードやダウンの加工技術の進歩などで、それも少々薄らいできています。

リーズナブルさ、ガシガシ使える点はさすがに化繊シュラフが優位でしょうか。

20200501_152730 ただしやはりハイリスクな山行(泊りの絡んだ沢登り等)では化繊シュラフが大いに選択肢に入ることももちろんあります。

そんな時はこちら。

https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4573406373734

ファイントラックのシュラフが優秀です。独自のシートを開発し、化繊の弱点をうまく無くしています。

汗かきな方で連泊したい場合にも活躍してくれます。筆者は5泊の山行の初日でシュラフが濡れ、行動時間ギリギリの計画で痛い目を見たことがあります。当時はとにかくお安いシュラフでした。せっかく天気がいいのにシュラフを乾かす時間が全然取れずに、毎晩冷たいシュラフにくるまれながら寝るという苦行…。もうこりごりです。

いいシュラフで快適山行!衣住関連の性能も安全面に直結してくるので、みなさんもウェアやシュラフもちゃんと選びましょう。

20200501_152748 ちなみに縁の下の力持ち的なマット。これも非常に重要!学生時代に存在を知りたかった…。

ノ-マットは背中が冷たすぎてどんなにいいシュラフで寝てもキツイですね。

筆者はザック外付けがあまり好きではない、なるべく中に入れたい派。

そんな方にはこちら。

https://www.kojitusanso.com/shop/g/g0040818060926?utm_source=staff&utm_medium=referral&utm_campaign=1727

お尻から下は適当に空のザックや着替えを敷きつつ、120cmでコンパクトに持って行ってます。

真逆を行く場合にはこちら。

https://www.kojitusanso.com/shop/g/g0040818066706?utm_source=staff&utm_medium=referral&utm_campaign=1727

エアーマットと違い、壊れないのがとにかく強みです。

あと、スープをこぼした際にも全て受け止めてくれます。そしてマットの上からいなくなる事件が起こりにくいのも利点です。エアーマットはどうしても滑ってしまうことがあります。

今のうちから道具をチェック!

2020年7月22日 (水)

20200716_111747

EVERNEWエバニュー SL76gアンブレラ ¥3,200+税

その名の通り、重量がわずか76gしかない超軽量さ。

20200716_111812 https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4934048590031?utm_medium=staff&utm_source=blog&utm_campaign=1727

細くてコンパクトなので、小さいボディバッグにも間借りできます。

20200716_112027 しかし開くと意外と大きい。

20200716_112032 軽量フレームに軽量生地で、さっと取り出せてスッとしまえる。非常にスマートな傘です。

気になる耐久性ですが、フレームの関節がポキッと折れることで強風を凌ぐような感じです。

しなりのあるカーボンフレームですが、嵐での使用は避けましょう。

ちょっとした小雨で大きい傘を持ち歩きたくない場合や、降るかもしれないけど降らないかもしれない…みたいな悩ましい状況でお使いください。

2020年7月21日 (火)

20200710_143530 SALEWA MOUNTAIN TRAINER LOW ¥26,000+税

入荷して以来ずっと気になっていたこちらのお高いシューズ。

とうとう購入しちゃいました。

20200710_143500 二代連続でサレワのワイルドファイアを使用してきましたので、フィット感が素晴らしいのはもうわかっていました。

筆者の足にもめっちゃ合っていまして、お仕事・普段履き・軽い散策に大活躍。

https://www.kojitusanso.com/shop/g/g4053865863910?utm_medium=staff&utm_source=blog&utm_campaign=1727

20200710_143506 靴べらを使う習慣のない筆者は、かかとのこの部分がとにかく最初にダメになるという…。

防水力も落ちてきていたので、もう思い切って買っちゃえ!とそう思ったわけです。

20200710_143530_2 マウンテントレーナーというとミッドカットが履き心地が良くて当店ではなんやかんや良く売れています。

こちらのローカット、実はミッドカットのソールと同じものが採用されています。

20200710_143541

それがどういうことか、何日か履いてみてわかったことがあります。

安定感がまるで違う。

20200710_143551 先代のPOMOCAソールはグリップ力が尋常じゃなく良かったです。しかも減りが早すぎない。長く使える高グリップソールは珍しいと思います。※先端の平らになっている部分はもともとクライミングゾーンで、溝が浅い部分です。

しかし、マウンテントレーナーを履いてからワイルドファイアを履くと、ガクガクする。

そう。知らない間にマウンテントレーナーの安定感をガッツリ享受していたようなのです。

スペックを見ると重いのですが、なんせフィット感がいいのでそれは別に気になりません。

それにしても安定感が他のローと段違い…。足置きした時のブレ感のなさ。

これはえらい物を買ってしまったかもしれないかなと思っています。他の靴に戻れるのか心配な今日この頃です。

随分褒めちぎっていますが、だいぶ足に合っているのと、サレワの靴の印象が最初に履いたワイルドファイアでそもそも良かったので、キラキラ補正は入っているかもしれません。

ただ、個人的には今まで履いてきた靴の中でも3本の指に入るくらいにはいいと思っています。

気になる方は是非好日山荘にてお試しあれ。

20200716_111652 今年は例年と違い、持ち物が増えています。

お泊りになる小屋の情報をまめに確認してくださいね。

中でも多いのが、シーツ持参 もしくはシュラフ持参のパターン。

白山室堂はシュラフ持参です。北アルプスエリアはシーツ持参のところが多いようです。

枕も一緒に買っていく方が非常に多いです。コンパクトになりますので、余裕のある方は是非。

20200716_111701

肌触りも良く、トラベルにももちろん使えます。

また、消毒関連品やマスクの持参もお願いしている地域が非常に多くあります。

山でも感染予防は抜かりなく行きましょう。ご近所の山であっても同様に、気を抜くことなく過ごしたいものです。

2020年7月19日 (日)

長らく品切れが続いていた書籍”福井県の山”

入荷しましたので、そのご案内です。

山と渓谷社/福井県の山 ¥1,900+税

Photo_2

嶺北から嶺南まで様々な山が載っている登山ガイドブック。

”こんな山があったのか!”と見ているだけでワクワクして次の登山への意欲が出る本です。

石川・富山の本も入荷してます。

前回売り切れで買えなかったという方、お待たせいたしました!

夏山準備のついでにこちらもどうぞ!