マウンテニアリング Feed

2021年4月14日 (水)

Dsc_0080 今年は早めにテント泊を考える方が増えています。

人によって揃える道具の順番はマチマチな印象ですが、大きくは2パターンかと思います。

①入れ物(ザック)から考えるパターン

とにかく背負い心地、歩いている時の快適さを重視して、ザックの下調べから入るパターンです。

ネットなどの情報集段階では多くの方がグレゴリーのバルトロhttps://gsmall.jp/gear/00791/0190207012705/?eecckey=%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%ADに行きつき、試しにいらっしゃいます。

しかし意外とみんながみんなバルトロになるわけではなく、背負い比べると荷重バランスの細かな好みが判明して他メーカーのほうが背負いやすいという例もままあります。

https://gsmall.jp/gear/0601a1a1/500809_2330/?eecckey=%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC

入れ物が決まると、その時点でリッターが決まるのでそれに応じて中身を考えていくことになります。

60リッター台ですと、シュラフはより小さく収納可能なダウンの封入量450gまでにすると他の詰めたいものも無理なく収まります。

70リッターオーバーですと少々大き目の化繊シュラフにコストカットする手段も見えてきたりします。

②中身(テント・シュラフ・マット)から考えるパターン

使ってみたいテントがある!シュラフはとにかく寝心地のいいダウンがいい!などの場合、それらの合計サイズによっては小さ目の容量のバックパックを選択することが可能になる場合があります。

50リッター台までのザックでとにかくコンパクトに収めたい!という場合にはコンパクトになるテント・シュラフはどれなのか調べていくと良いでしょう。

最近ですとファイントラックのカミナドームテント、ナンガのオーロラライト350SDXhttps://gsmall.jp/gear/00129/K458GN12-grn/?eecckey=%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%ACがコンパクト系筆頭候補でしょうか。テントも居住性度外視なら、アライテントのトレックライズ0という選択肢も出てきます。シュラフは、寒さに強いことに自信がある方ならダウン量を落とし、200g台のものhttps://gsmall.jp/gear/00015/148602-GRN/?eecckey=%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%ABにするという手法もあります。

Dsc_0082

Dsc_0083 他にも調理にこだわるのかどうかでコッヘルのサイズが変わるため、上記のパターンに全てあてはまるわけではありませんが、お話を伺う限り、男性はめしは簡単でいいとの意見の方が多いのであえて今回は外しました。

実際買われていく順番を見ますと、テントかザックが1番最初になる方が多いイメージです。これは例年大きくブレていない気がしますね。だいたいどちらかです。

Dsc_0084 何に重点を置くかで人それぞれ揃え方は変わりますが、まだ漠然とテント泊いいなとお考えの方に少しでも参考になればと思います。

ちなみに当店でお買い物の際はあらかじめアプリをダウンロードしておいて頂くと、クーポンが出ていたりします。

https://www.kojitusanso.jp/app/

__7 情報収集にもぜひご活用ください。

2021年3月25日 (木)

今週は新しい靴の入荷がたくさんあります!

スカルパからリべレHDとマルモラーダプロが入りました。

スカルパ/リべレHD ¥43,450(税込)

Photo_16

セミワンタッチアイゼン装着可能な3シーズンモデルですが700gを切る軽量のマウンテンブーツ。

軽いだけでなくスエードアッパー採用で耐久性もバッチリ。

Hd

防水透湿フィルムHDryを使用。(Outdryと同素材の新名称)

スカルパ/マルモラーダプロ ¥33,550(税込)

Photo_17

こちらは3シーズン対応のハイエンドトレッキングブーツ。

リべレと同じようにHDryの防水透湿フィルムを採用。

3月に入ってからスポルティバやモンチュラ、スカルパと新しい靴がどんどん入ってきています!

これから山登りを始める方も2足目を検討中の方もぜひご覧ください!

ただいま春山フェア開催中!期間中はメンバーズポイント10%還元!

https://www.kojitusanso.jp/campaign/2103springCP/

2021年3月23日 (火)

ついに福井店にもモンチュラのシューズが入荷しました!

モンチュラ/ヤルテクノGTX ¥31,900(税込)

Photo_10

こちらはメンズ2色

Photo_11

ウィメンズも2色です。

フィット感抜群で登山やハイキングにも使えるアプローチシューズ。

他のシューズとは違う特徴が随所に見られます!

Photo_12

この包みこむようなタンがフィット感の良さに一役買っています。

Photo_13

靴中央のストッパーを介して紐をスライドすることでつま先から足首の細かい微調整が可能。

Photo_14

ソールも吸着力のあるメガグリップ。

低山でも意外と凸凹のゴツゴツした場所が連続する鬼ヶ岳や日帰りでも長丁場になる荒島岳などでも

安心して使える靴だと思います。

今までにない履き心地のモンチュラ ヤルテクノGTX、ぜひ店頭でお試しください!

ちなみに…こちらの2色は直営店と好日山荘のみ展開のレアカラーです!

Photo_15

ただいま春山応援フェア開催中!期間中はメンバーズポイント10%還元!

https://www.kojitusanso.jp/campaign/2103springCP/

2021年2月26日 (金)
2021年1月10日 (日)

20210108_160726

毎年年末年始にかけて登山以外にも運送業の方や車中泊、冬キャンプなどであたたかいモデルをお探しの方が多くいらっしゃいます。

現在の当店最高クラスの一つがコチラ。

20210108_160932 ナンガのオーロラライト600DXです。¥51,500+税

写真では伝わり辛いですがふっくらパンパンです。

20210108_161017 オーロラテックス採用で優れた防水透湿性を誇るまさに向かう所敵なしのシュラフです。

特にキャンパーの方の指名買いの多いブランドですね。

表生地自体の撥水性も高いので安心。

20210108_161241 登山の方だと結構こちらの方が馴染みが深い方も多いかも。

イスカですね。

写真のモデルは今期からの新シリーズ、エアドライトの480です。

はっ水ダウンを封入しており、生地自体も超撥水。

イスカのシュラフの特徴はなんといっても細かなパーツ分けによるコールドスポットの無さ。

他メーカーのシュラフと比べても明らかに作りが細かいのがわかります。見えない部分にもこだわりが多く、個人的にも複数モデルを愛用しています。

ドライトシリーズの新要素は、シュラフのサイドに設けられたセパレートボックスです。ダウンが偏りやすかった胸から腰にかけて、新たに縦ボックスを設置することで均一な断熱性を実現してくれます。

20210108_161252 ドラフトチューブの存在感も上がりました。

20210108_161501 670もありますよ〜。

ぜひ店頭でいろんなシュラフを見てみてください。お待ちしております。

2021年1月 2日 (土)

ついに当店にもBOAシステム搭載の登山靴が入荷しました!

Photo_11

ザンバラン/アイガー LITE GT RR BOA ¥85,000+税

国内外の3000m級の冬季登山に適したモデル。

最大の特徴はなんと言ってもダイヤル調節するだけで瞬時にフィッティングができる「BOAフィットシステム」

Boa

グローブを付けたままでも簡単に調節できるのは大きな魅力。

さらに見た目に反して重さも約890g(EU42サイズ片足)と意外に軽量!

今期の当店はこの他にも様々な冬靴を用意しておりますので、ぜひお試しください!

2020年12月22日 (火)

20201215_154553

イスカ テントシューズショート ¥7,200+税

冬山に泊りで行く人じゃないとなかなか持っていないレアアイテム、テントシューズ。

名前からして???な方も多いかもしれません。その名の通りテント内で暖かく過ごすために履きます。雪上で隣の友人のテントにちょっと移動する時にもそのまま履きっぱなしでいけます。

関東に住んでた頃は日常で使いませんでした。

しかしこれめちゃくちゃ暖かいのです。ダウンパンツと合わせて着れば床暖いらずです。

個人的には福井に赴任してきてしばらく手放せないアイテムでした。というかもともと冬山でしか使ってなかったものの、福井の冬の想像を超える寒さに思わず引っ張り出したという感じ。

キャンプでも大活躍しそうですね。キャンパーの方でもまだあまり知っている方ってもしかして多くないんじゃないでしょうか。

20201215_154615 少し冒険気味かもしれませんが、プレゼントにもオススメ。自分で買うことの少ないアイテムにこそプレゼントとしての価値が高まるというものです。

変わったプレゼントをあげてみたいという方、ぜひ一度ご覧ください。

2020年12月16日 (水)

スカルパから新しい冬靴が入荷したのでご紹介します。

SCARPA スカルパ/マンタテック ¥36,000+税

Img_2061

冬靴というと相場は安くても5万~高いと10万する場合もあります。

ところが、このマンタテックは冬靴としての機能を備えながら価格が¥36000+税とかなりリーズナブルになっています!

セミワンタッチアイゼン対応で前コバはあえて無くして歩きやすさを重視。

通常この価格帯の靴だと冬山では足が寒すぎて使えない問題が出てきますが、保温材入りなのでそれも安心!

これから冬山登山を始めたい方はぜひ一度お試しください!

ただいま冬山応援フェア開催中!期間中ポイント8%還元!

https://www.kojitusanso.jp/campaign/2012_winterCP/

ウエアクリアランスも始まりました

http://www.kojitusanso.jp/clearance/202012/

30

2020年12月 7日 (月)

20201202_164309 Astro Light Hoodie ¥34,000+税 ウィメンズが入荷しました。

20201202_164354 Astro Light Jacket ¥30,000+税 メンズが入荷しました。

メンズに去年までなかった通常のジャケットタイプが当店に入荷しました。

900フィルパワーの超高品質ダウンジャケットです。さらに、ノースフェイス独自のステッチレス製法により中のダウンの抜けが最小限に抑えられています。

一段上の性能を求める方にはアストロです。

登山は勿論、さまざまなシーンに馴染むダウンアイテムをあなたもぜひ。

2020年12月 4日 (金)