店舗スタッフ Feed

2018年9月10日 (月)

いつも松本パルコ店をご利用いただき、ありがとうございます。

スタッフ杉原です。

明日から1ヶ月半のお休みをいただき、ネパールヒマラヤに行って来ます。

目標はネパール東部、マカルーの近くに聳えるチャムラン(7319m)西稜です。

Chamulang2011112301

2人チームでの速攻スタイルで登ります。

7000m峰のアルパインスタイル登山は自身、初めての経験です。

この遠征によって、ひとりのクライマーとして少しでも成長し、

より優れた登山用品店スタッフとなって客様にフィードバックできればと思っています。

P1250972_2 「自分に厳しく山には謙虚に、頑張ってきます!!」

Bnr_fb_matsumotoparco

2018年8月 8日 (水)

いつも松本パルコ店をご利用いただき、ありがとうございます。

スタッフ 杉原です。

この秋、ヒマラヤに行くのですが、そのトレーニングで独り穂高に行ってきました。

午前1時に沢渡バスターミナルをスタートし、上高地、奥又白を経由して前穂高岳北尾根を登り、重太郎新道から上高地に13時半頃下山しました。本当は帰りも沢渡まで歩きたかったのですが、釜トンネル以降の車道歩きがとんでもなく危険で断念しました。

今回は試してみたいことがありました。

それは、「アミノバイタルを大量摂取したらどれくらい疲れずに行動できるのか」です。

この実験には、「高度障害で固形物が食べれない時、アミノバイタルだけを摂取し続けても大丈夫なのか」を検証する意味もあります。

Img_2676 今回、投入したアミノバイタル合計10本です。カロリー摂取を考え、顆粒ではなくゼリータイプにしました。

常に2個をポケットに入れ、登りながら摂取していました。

P8060099 深夜の釜トンネル。普段、深夜から行動開始することはよくあるのですが、この日は異常に眠く、歩きながら寝てしまい大正池に転落しそうになったり、休憩中気付いたら30分くらい寝てしまったりしました。

P8060110 穂高の楽園、奥又白。池には寄らず、北尾根5.6のコルを目指します。

この時点で8時くらいですが、全く疲労無しです!!アミノバイタルすごい!

P8060125 北尾根3峰辺りを登っているところ。ロープ無しなのでホールドチェックしながら慎重に登ります。ガバばかりですが、高度感があるので緊張します。沢渡から結構な標高差を登ってきたので脚は若干疲労していましたが、それでも息切れや倦怠感は無し。全然余裕!やっぱりアミノバイタルすごい!

しかし、山頂に着いた頃から胃の不快感を感じ始めました。この時点で9本のアミノバイタルを消費しています。さらに、お腹がユルくなってきました。

それ以外は絶好調なのですが、消化器の調子が悪くなってきました。

急いで上高地に下山し、トイレに直行です。

有効成分による副作用であるとは考えにくいので、

この症状はゼリー成分によるものか、人工甘味料(アスパルテーム)の多量摂取によるものだと思います。

それを除けば、アミノバイタルは効果絶大でした。

翌日もそれほど疲労は残りませんでした。

次回は、顆粒タイプで検証してみたいと思います。

※含有されるビタミン類や人口甘味料の過剰摂取は有害ですのでご注意ください!

Bnr_fb_matsumotoparco

2018年7月19日 (木)

今週末になりました!

『最後までバテない!山の食糧講座』

長時間行動や数日にわたる山行では、代謝の仕組みを理解し、必要なタイミングで必要なエネルギーを摂取することが疲労軽減につながります。初日に口にした食べ物の量や栄養素で翌日の体調は変わってしうのです。

この夏、ロングルートを計画している方、是非ご受講ください!

【開催場所】: 好日山荘松本パルコ店

【開催時間】: 7月21日(土)①15時~16時30分             

        7月22日(日)②15時~16時30分 

2日間、講座を行いますが、同じ内容ですので、ご都合の良い日時をお選びください。

【参加費】: 無料!     

【予約】: お電話でご予約ください。0263-31-0580  (当日飛び入り参加可能!)

【講師】: スタッフ 杉原がご案内します。

P1250972_2_4

好日山荘メンバーズカード(無料)をお持ちの方が対象となります。

※当日入会可能!

皆さまのご受講をお待ちしております!

2018年6月 5日 (火)

いつも松本パルコ店をご利用いただき、ありがとうございます!

夏山シーズンを目前にして、店内にテントをディスプレイしました!

Img_1979

そして、無料講座やります!

今回は、「テント泊準備講座」!

テント泊に必要な道具の話、選ぶ基準、生活技術までご説明します。

テント泊のイメージが湧かない方、なんとなく不安な方、是非、ご受講ください!

【開催場所】: 好日山荘松本パルコ店

【開催時間】: 6月23日(土)①15時~16時30分             

        6月24日(日)②15時~16時30分 

2日間、講座を行いますが、同じ内容ですので、ご都合の良い日時をお選びください。

【参加費】: 無料!     

【予約】: お電話でご予約ください。0263-31-0580  (当日飛び入り参加可能!)

【講師】: スタッフ 杉原がご案内します。

P1250972_2_4

好日山荘メンバーズカード(無料)をお持ちの方が対象となります。

※当日入会可能!

皆さまのご受講をお待ちしております!

Bnr_fb_matsumotoparco

 

2018年4月29日 (日)

いつも好日山荘松本パルコ店をご利用いただき、ありがとうございます。

スタッフ杉原です。

4月28日、29日に「これから揃える山道具講座」を開催させていただきました。

Img_1633 少人数での講座でしたので、受講された方の質問にも細かくお答えできたかと思います。

次回講座の要望も頂きましたので、今後、このような無料講座を定期的に開催していこうと思います。

「こんな講座を開催して欲しい」と、いうようなリクエストがありましたら、お聞かせください!

2018年4月21日 (土)

GWに無料講座やります!!

「これを聞けば買い間違いしない!これから揃える山道具講座」

【内容】:

登山靴、ザック、ウエア類を中心に、店内各売り場を回りながら登山に必要とされる機能と最新の素材についてご説明します。「自分の登り方に合った道具が分からない」、「こんなスタイルを目指したいが道具に必要とされる性能は?」、「これから一式揃えるにあたって基礎知識がほしい」、そんな悩みにお答えします。

【開催場所】:好日山荘松本パルコ店

【開催時間】:4月28日(土)15時~16時30分(第一部)
                       18時~19時30分(第二部)
          4月29日(日)15時~16時30分 

2日間、3回の講座を行いますが、同じ内容ですので、ご都合の良い時間をお選びください。

【参加費】:無料!

【予約】:お電話でご予約ください。0263-31-0580
     (当日飛び入り参加可能!

【講師】:スタッフ 杉原がご案内します。Wkrbxd114bbelnk7vcpfoya9ft3hydton_2

皆さまのご受講をお待ちしております!

Bnr_fb_matsumotoparco

2018年3月19日 (月)

いつも松本パルコ店をご利用いただき、ありがとうございます。

スタッフ 杉原です。

厳冬期の登山はしないけれども、残雪期の山には入ってみたいという方は多いと思います。

4月に入ると、春から雪のある山を始めるという方が沢山お店に来られます。

当然、無雪期の装備で残雪の山に入るのは危険ですし、対応できない部分が出てきますから、いろいろと装備を買い足したり、グレードアップする必要が出てきます。

今回は夏も使える装備の範囲内で、残雪期に対応するレイヤリングをご紹介します。

Img_1098 まず、アウターです。写真はバーグハウス:CAPE WRATH SHELLJKT&ノースフェイス:クライムライトパンツ

着ているのは、冬季登山用に作られたハードシェルではなく、ちょっと良い値段のするレインウエア、オールウェザージャケット、パンツです。

数年前までは、レインウエアと言えば上下セットでスタッフバックに入ったものがほとんどでしたが、今は様々な付加価値を付けて、上下別々で売っているモデルも多いです。当然、価格も高くなり、ジャケット単品で3万円~4万円くらいになります。パンツも然り。

これらは上下セットのレインウエアよりも、優れている点がいくつかあります。

・裏地、防水メンブレンの透湿性、耐久性を向させている。表生地も丈夫。

・高度な立体裁断により、ダボつかず、動きやすい。ジッパーなどもちょっとグレードアップしている。

・ストレッチ素材のものもある。

・だいたいのモデルがヘルメット対応フード。風雪からも顔を守れるように、ジッパーを上げると鼻の辺りまで覆えるように設計されている。

雪のある山、寒い山では夏よりも厳しい外部環境から体を保護する必要がありますし、ほとんどの時間、シェルを着用して行動します。このため、動きやすさと機能性・耐久性を重視したハードシェルが必要です。とりあえず、雨の中を歩ければいいかな、くらいのレインウエアではいろいろと不足があります。

Img_1099 ヘルメット対応フードかどうか、顔面の守備範囲も要確認です。

Img_1104_2立体裁断されたシェルパンツは脚上げしやすく、ダボつかない。

Img_1110 ノースフェイス:クライムライトJKT&パンツ、パタゴニア:クラウドリッジJKT&パンツも残雪の山~夏山まで使えます。

これらの製品の特徴はもちろん夏の山でも活きてきます。実際に着て雨の中を何時間も歩いたらその快適性は雲泥の差です。この機会に上下セットのレインウエアからアップグレードしてみてはいかがでしょう?

※上下別々売りのレインウエアには、防水性を多少犠牲にして透湿性を向上させているモデルや、極薄すぎるモデル、内側に保温着を着る余裕がないほど、身体に密着する裁断をしているモデルなど、個性的なモデルが多くありますので、ご注意ください。

 

Img_1101 インナーです。ベースレイヤーはメッシュの速乾シャツなどよりも、薄手のウールや化繊の吸湿性に優れたシャツが良いでしょう。

その上にフリースなどの保温着を重ねますが、最近は高い通気性と伸縮性を備えた化繊綿のジャケットが各社から発売されており、これも快適です。フリースより軽量でかさばらず、ダウンのように濡れてアウト、ということもありません。

Img_1102 休憩中やビバーク用に薄手のダウンジャケットなど、+αの保温着もお忘れなく。

Img_1111 もう定番ですが、ファイントラック&ミレーのドライレイヤー。こちらもお忘れなく。汗冷え感が全然違いますよ!

湿ったベースレイヤーも早く乾きます。

Img_1105 ボトムのインナーは、個人的にはフリースパンツやウールのタイツがベストと思っていますが、

上高地などのアプローチをピタピタのタイツで歩くのが恥ずかしい場合は、インナーに夏用のパンツを履いても良いと思います。

その場合は伸縮性+立体裁断+ダボつかない+できればウエストはバックルではなく紐締めのものがベストでしょう。写真はノースフェイスのアルパインライトパンツですが、シェルパンツのインナーとしても優秀です。真冬でもけっこう使えます。

Img_1100 グローブは本当に多種多用なものが出ているので、何がベストとは言いにくいですが、

ウールインナー+オーバーグローブは定番です。

写真ではウィンドストッパーのグローブに濡れ対策でオーバーグローブをしています。

春の山はウィンドストッパーやアウトドライなど、多少の防水性を持ちながらも通気性に優れたグローブが快適ですね。ただし、雪を触れば濡れますので、オーバーグローブは持って行きましょう。

Img_1109 レイヤリングではありませんが、

残雪期から雪山に入られる方は、もともと持っているライトアルパインブーツにセミワンタッチのアイゼンを合わせるケースが多いと思います。

この場合、アイゼンと靴との相性は冬靴にアイゼンを合わせる時よりも慎重に見る必要があります。

夏用の靴は、そもそもワンタッチアイゼンを装着できないので、固定力が弱くなります。また、アイゼン装着を前提に設計されている冬靴よりもつま先部分の反りが大きいので、隙間ができてしまう事があります。上の写真は隙間なしでOK。

Img_1108 これはちょっと微妙です。つま先の隙間に雪が入り込んでアイゼンを浮き上がらせ、外れる原因になりますし、

隙間ができることでアイゼンのフロントポイントに力が伝わらず、固い斜面で不安定な登高を強いられます。

さて、残雪期の山ですが、同じ標高でも八ヶ岳や南アルプス前衛と、北アルプス北部や上越とではコンディションが大きく異なります。同じ装備で登れないこともあります。雪が地形を変えてしまうような山域では豊富な経験が必要です。また、5月でもひとたび寒気が入ったり前線が通過すれば、山は厳冬期のコンディションと変わらず、上記の装備では対応できない場合もあります。

今の時期、店頭には残雪期登山、春山登山にピッタリなウエア類が沢山並んでいます。また、新素材を採用したモデルも多く出てきています。

春から雪山を始められる方、是非ご相談ください。

2018年3月14日 (水)

いつも松本パルコ店をご利用いただき、ありがとうございます。

スタッフ 杉原です。

3月10日、11日の土日にお休みをいただき、第10回ウィンタークライマーズミーティングに参加してきました。

(林店長に感謝!)

冬期登攀の求道者達が集い、交流するイベント、「ウィンタークライマーズミーティング」。

第10回を迎える今回は、「冬季人跡稀な山域での登山、クライミングを通じてクライマー同士の交流を図る」ことを目的として、後立山大スバリ沢奥壁で開催されました。

P3111027 大スバリ沢奥壁の左岩壁。実際はなかなか傾斜のある壁です。このほかにも中央壁、右壁があります。

また、周辺には赤沢岳北西壁などもあり、今後の冬期登攀の可能性を秘めたエリアです。

P3111028 個性的なピッチが続き、飽きさせない。

P3111029 冬期登攀のエリアとしては、ロケーションも最高クラス!

P3111030 最後は凍結した黒部湖を見下ろしながらの雪稜登りで稜線へ。

P3111031 赤沢岳山頂、私はほとんどの参加者の方と初対面でした。一緒のパーティの方、ありがとうございました。

快晴だった天気はいつしか強風→風雪になりましたが、全パーティ無事に帰幕。

今回、参加者の皆さんのモチベーションや、山に取り組む姿勢にとても刺激を受けました。思い返してみると、自分の登り方、考え方は少し視野が狭かったな、と、反省。

また、初日は黒部横断~剱沢大滝左壁ゴールデンピラー初登のスライドショーが行われ、非常に興味深い話を聞くことができました。

とても有意義なミーティングでした。また来年も参加させていただけるように、たくさん登って登山力を高めていこうと思います!

Bnr_fb_matsumotoparco

2018年2月26日 (月)

いつも松本パルコ店をご利用いただき、ありがとうございます。

スタッフ 杉原です。

昨日は久しぶりに冬の一ノ倉沢に入りました。

一ノ倉沢は一歩踏み入れた瞬間から常に雪崩のリスクにさらされているので、どの山域よりも緊張感があります。

今回は一ノ沢左方ルンゼのアイスから一二ノ沢中間稜に詰め上げ、最後は東尾根に上がってオキの耳を目指すプランとしました。

P2241017 左方ルンゼの氷、今年は痩せています。

P2241019 上部、雪田の後のF5。ぱっと見、埋まってそうでしたが、実際にはチョックストーンの乗越しで手応え十分でした。

この日は、日本海を低気圧が通過する予報で夕方から天気が崩れると思っていましたが、

P2241020 青空が消えて高曇りになってきたと思ったら、30分後、

ちょうどルンゼを抜けたところで吹雪きとなりました。この後の雪稜は中止して、積もらないうちに急いで下降。

P2241022 急いで降りる!駆け下りました。

P2241024 低気圧の通過がもたらす雪は湿雪。出合に戻ってきた頃にはけっこう濡れてしまいました。

山の天気は変わりやすいものですが、天気の変化を予測して山に入ることが大事ですね。

特に谷川岳のように天候が急変したり、局地的に悪天に見舞われることがある山域では要注意だと改めて思った山行でした。冬の谷川岳は、ロープウェイを使って天神尾根からアプローチすれば比較的手軽に登れるので近年人気ですが、山頂付近でガスに巻かれれば下降する方向を誤ってしまうこともあるので、事前の気象情報をよく確認して登っていただきたいと思います。

一ノ倉沢出合からすぐのところにすでに全層雪崩の巨大なデブリが出ていました。一ノ倉尾根下部の斜面からのものです。まだ斜面に大きなブロックが残っていました。また、一二ノ沢中間稜の一ノ沢側斜面にも大きなグライドクラックが入っていました。下の斜面にシワが入っていたので気温が上がれば落ちそうです。

皆さま、残りのシーズンも気を付けて山を楽しみましょう。

Bnr_fb_matsumotoparco

2018年2月14日 (水)

いつも松本パルコ店をご利用いただき、ありがとうございます。

スタッフ 杉原です。

不器用なので、登り方にクリエイティブさが要求されるアイスクライミングに苦手意識があって、あまり積極的に行っていません。

しかしそうすると、なおさら苦手になっていくので、シーズンに最低1本は大きなアイスを登ろうと決めています。

今年は南アルプス荒川出合の「夢のブライダルベール」を登ってきました。

Dsc_0015 3ピッチ、100mちょっとの長さでしょうか。

2段目が核心ですが、中央の洞窟を挟んで左の氷柱はバーチカル10mのあと、すぐに傾斜が落ちます。ツララは無く、面氷が形成されていたので快適そうでした。Ⅵは無いと思います。洞窟右の氷柱は昨日時点では若干シャワーしていました。氷質が安定していた洞窟側からツララを壊して取り付きましたが、出だし4mが被っていてスクリューセットに耐えきれず、テンションしてしまいました。無念です。最終ピッチはシャワーがひどく、びしょ濡れになってしまい不快でした。

もっと上手くなって、サクッと登りたいものです。

さて、オススメ紹介です。

本気用ジャケットは勿体ないなー、と思って使い込んだジャケットに撥水処理をしてアイロンをかけて着て行ったのですが、この撥水処理が無かったらアンダーまで濡れていたでしょう。かなり助けられました。

Img_0715 http://www.kojitusanso.com/shop/g/g0799756005031/

洗濯器に溶液を投入してコーティングするタイプですが、スプレーより絶対いいです。持続性も全然違います。

最終ピッチでシャワーを浴びたアウタージャケットは生地に水が染み込んでおらず、ジャケット表面で水滴のまま凍っており、払い落として復活。インナーは濡れませんでした。

対してオーバーパンツの方は、新しいものを防水処理しないで履いていったのですが、表地のナイロンが吸水してしまってずっと凍ったまま。インナーのフリースパンツも濡れてしまい、冷たく不快でした。

ウエアが汚れていたり汗が染み込んでいる場合は、クリーナーで洗濯してから撥水処理しましょう。

http://www.kojitusanso.com/shop/g/g0799756005123

2in1もあります。

http://www.kojitusanso.com/shop/g/g0799756005024/

Bnr_fb_matsumotoparco